庭に咲く花・・・季節が感じられれば良し

かみさんが咲かせた花をパチリっ。 写真を撮るなら~雑草を10本抜くとの約束!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手作り蒟蒻は美味かった

 去年の春、里芋と勘違いして植えた蒟蒻芋でしたが秋には、 大きくなった芋を掘りあげて保存しておきました。 今年の春、また植えておきましたので~大分大きくなったはず・・・。  今年も上手くいけば3年ものが収穫できます。

 葉っぱが一番大きな芋を掘り起こし収穫。 とっても大きくなってました。
 s4-I重さ21
 
 早速、蒟蒻に加工しました。


 1)泥を落として、すりおろす:
 芋を洗って泥を落とす・気になる黒ずみをタワシで綺麗にする。  芋を半分に切断、
 大根おろしですりおろす。   s4-IMG_0922a.jpg
 肌が芋汁に触れると~~~おおいに痒いので、手袋は必須だそうです。 

 2)芋を水に溶かす:
 芋重量の500%の水を鍋に入れ、おろした芋を溶かす
 ミキサーで更になめらかにする  s4-IMG_0929.jpg

 3)加熱する: 加熱して・・・グツグツ音がするまで。
 焦げないようにかき混ぜ続ける。 s4-IMG_0930.jpg

 4)固める:
 芋重量の5%の炭酸ソーダ
 を水に溶かして、 s4-IMG_0934.jpg
 鍋に入れ 素早くかき混ぜる。 アッと云う間に、透明感がでて・・・固まりました。
  

 5)形にする:
 熱いうちに、
 型枠に入れ形にする。 s4-IMG_0931.jpg
 用意した型に入りきれなかったので、残りは鍋の中で整形・冷却することに。

 6)煮る・アク抜き:
 型枠内で冷却したのち、型枠からはずして、鍋で、煮ながらアク抜きする。

 7)完成・試食
 ユズポン s4-IMG_0936.jpg
 試食が本職の本人がユズポンで試食。

 8)おすそ分け
ご近所に、おすそ分けできるくらい・・・美味かったので~大満足です。 

 


 勘違いから始まった コンニャクイモ畑。 1年芋を買ってきて、今年で3年芋になりました。 
 家人の指示通りに、おろして、混ぜて、煮て、固めて、冷まして、アク抜きして、蒟蒻ができました。
 自分でつくった、コンニャクは 。。。 (o^~^o)ウマイ-
  1. 2009/10/09(金) 01:00:00|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<赤に染まったコキア | ホーム | タラノ木は白い小花>>

コメント

ビックリです。
コンニャク芋初めてみました。
こうしてコンニャクが出来るんですね。
コンニャクが畑でできるなんて思いもしませんでした。!!
SunhiroAさん試食が得意なんだ~(笑)
煮たりしてるのは奥様ですか~

  1. 2009/10/09(金) 05:42:58 |
  2. URL |
  3. nico #-
  4. [ 編集 ]

や~~~最高ですね!
私も農家の友達から自分でつくったから~とこんにゃくをもらったことあったんですよ♪もうとっても美味しくてこんなのよく作れるな~~って思ったんですけどね、こうやって作るんですね☆
ご近所の方も喜ばれたでしょうね~~~いいな~~私もSunhiroAさんのご近所になりたい~~(^^)アハ☆
  1. 2009/10/09(金) 07:37:41 |
  2. URL |
  3. Yumi #-
  4. [ 編集 ]

試食係を希望

 もう残ってませんか~。
 明日の土曜日、里帰りしますので、試食係が希望です。
  1. 2009/10/09(金) 17:42:21 |
  2. URL |
  3. ひろこ #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
おいしそうですね。

勘違いから、こんなすばらしいこんにゃくができたなんて・・・
ご褒美みたいでいいですね。

すてきです。
  1. 2009/10/09(金) 21:29:33 |
  2. URL |
  3. なつみかん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

蒟蒻芋から手作りコンニャクですかぁ(*^_^*)
出来立てのコンニャクって美味しいですよね~。近所だったら無理やりお裾分けしてもらうのですが・・・v-413
  1. 2009/10/09(金) 22:21:27 |
  2. URL |
  3. まみち #6moyDOY6
  4. [ 編集 ]

~~~~~~~~~~~~~~~
いつもコメントをありがとうございます。
 家人が友人から教わったコンニャクの作り方を、私が実践してみました。 ウッカリして~カユイ目に遭わないように気をつけましたよ。

<今晩は~nicoさん>
 店で買うコンニャクも 蒟蒻芋から作るんでしょう~キット!。 子供の頃、親が餅つき臼で 蒟蒻芋を潰したのを覚えています。 コンニャクと云えば~妙義山や赤城山山腹の 蒟蒻畑は有名です。 
 一応、我家の試食係を担当しておりますです、はいっ!。 アク抜き、コンニャクの完成までが私が担当して、煮込み、刺身、etc.の加工は家人がやってくれました。

<今晩は~Yumiさん>
 手作りの食べ物は 超美味しいです。 勿論、上手になれば~ “好みの風味や好みの柔らかさ”にできるでしょうから、モット美味しくなるはずです。
 鍋一杯のコンニャクが腐る前に、 夫婦二人で食べ尽くすは無理ですから、 貰って頂ける友人がいるってのは嬉しいものです。

<今晩は~ひろこさん>
 >もう残ってませんか~。
 コンニャクは残ってません! 残念でした。 畑には、蒟蒻芋が残ってますから~ 一緒に作りましょう。 試食係りは私ですので、料理人を募集しま~す。

<今晩は~なつみかんさん>
 >勘違いから、こんなすばらしいこんにゃくができたなんて・・・ ご褒美みたいでいいですね。
 そうなんです。 里芋と間違えて、買ってしまいました。 里芋にしては、萎びていて扁平だな~と思ったのですが、どうしても里芋が欲しくて・・・ラベルも見ずに、里芋と思い込んでしまいました。

 里芋の収穫は芋を植えた その年ですが、 蒟蒻芋は親指大の種芋からスタートして、 3回目(3年)以上でないと、加工するには小さすぎて効率が悪いんですよ。 

<今晩は~まみちさん>
 はいっ、出来立ては美味しいですよ! o(^ _ ^)o。
 手作り品を、 おすそ分けできるってのは 本当に嬉しいことです。

<今晩は~masaさん>
 ご来訪、コメントを有難うございます。
 はいっ、出来立ては美味しいですよ! o(^ _ ^)o。
 信州の友人が埼玉の我家に来る時、 妙義山麓の下仁田町で 蒟蒻芋を調達して、家人にコンニャクの作り方を教えてくれたのです。 持つべきは親切な友人なのです。

  1. 2009/10/10(土) 01:12:11 |
  2. URL |
  3. SunhiroA #E7KKtgc2
  4. [ 編集 ]

こんばんわ。
蒟蒻が こうやって作られるってはじめて知りました。
勉強になりました。
ありがとうございます^^
しかし・・・
蒟蒻芋をこうやって加工して、食べようと思った(実際にした)先人は偉大ですよね。
パイオニアたちの発想力、実行力には ほんと 頭が下がります。
  1. 2009/10/11(日) 01:51:23 |
  2. URL |
  3. ユージ #-
  4. [ 編集 ]

登山に行くとその宿でたまに手作りこんにゃくを出してくれるところがあるんです。
作り方は全然知らなかったので、炭酸入れるんですね!
なんで炭酸ソーダ入れるんだろう....それで固まるみたいですけど....科学の力ですかね?

お芋系は庭がないと大きいのできなそうだしなぁ~
カボチャとかやってみたいんですけどね!!(笑)

土中で育つ系では、ニンニクに挑戦しようと思ってます!
  1. 2009/10/11(日) 18:15:54 |
  2. URL |
  3. らっきょ牡丹 #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
手作りの蒟蒻いいですね。
それに蒟蒻は確かノンカロリーで代謝もよくなりそうで
体によさそうで、おいしそうです。(^^)
  1. 2009/10/12(月) 04:34:39 |
  2. URL |
  3. のんびり九州 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです!

蒟蒻って こんなふうにして出来るんですね
すごくよく解りました
蒟蒻芋が身近なものならやってみたくなりますよ~
蒟蒻芋から育てた完全手作り蒟蒻は美味しかったでしょうね~!!!
ご近所さんになりたかったです~(笑)
私がこだわって使っているのは<握り蒟蒻>って言ってつぶれたおにぎりみたいな形です
熱いのをどうやって握るんだろう?ってこの記事拝見して思いました
  1. 2009/10/13(火) 00:54:15 |
  2. URL |
  3. Aozoraharuka #c4DmjxtY
  4. [ 編集 ]

~~~~~~~
返事が遅れてます。 ごめんなさい。

<今晩は~ユージさん>
 >蒟蒻芋をこうやって加工して、食べようと思った(実際にした)先人は偉大ですよね。
 芋を太らせるために、何年もかけて育て~ 痒みと戦って加工するなんて・・・やっぱし偉大ですかね。
 私が子供の時(葯50年位前)に臼で潰す作業を目撃してます。 とにかく~痒みを我慢する一人の被害者を仕立てて、コンニャクを作ってたようです。

<今晩はらっきょ牡丹さん>
 妙義や赤城の山では蒟蒻芋と必ず出会えまし、私の生まれ故郷の霧島山の麓でも 蒟蒻芋がありましたから~田舎のご馳走の一つだった記憶があります。 
 炭酸ソーダや消石灰とかで固まると思われますが~ 用途が食品添加物ですから、手作りとは云え、食品添加物用の文字がないと使いたくないのが実際です。  ベランダ菜園では、ジャガイモができるそうですから~蒟蒻芋もできるかもしれませんよ・・・但し、蒟蒻芋は 春から寒くなるまで~3年間も 要するとなると ベランダ向きじゃないようですね。 
 >土中で育つ系では、ニンニクに挑戦しようと思ってます!
 今日、台所にあったニンニクをプランターに植えつけました。 食用で流通しているニンニクには、発芽防止処理がしてあるかもしれませんので~~~芽が出てくれると嬉いのですが。 

<今晩は~のんびり九州さん>
 コンニャクは凡そ5倍に希釈してますから~~~ノンカロリーに近いですよね。  芋の希釈濃度と凝固剤の量で、コンニャクの固さと味がコントロールできそうですので、 手作りの楽しみが増えるかも知れません。

<今晩は~Aozoraharukaさん>
 畑で芋を育てて、コンニャクに加工するってのは、昔々の田舎では極普通の嗜好品だったような気がします。 7~800gの芋から凡そ4kgのコンニャクが出来てしまいます。  刺身醤油や、田楽味噌で食べ、ちぎって煮込んで~いくら美味しくても、飽きてしまいますので、小家族では消化しきれません・・・。 貰ってくれるご近所はありがたいです。
 ><握り蒟蒻>って言ってつぶれたおにぎりみたいな形です >熱いのをどうやって握るんだろう?ってこの記事拝見して思いました
このコンニャクの作り方では~~形が出来るのは煮たっていますから~握って形造るタイミングはないようです。 別の作り方があるのでしょう。
  1. 2009/10/14(水) 00:23:26 |
  2. URL |
  3. SunhiroA #E7KKtgc2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunhiro.blog5.fc2.com/tb.php/243-77146616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。